ヒゲ脱毛クリニックに通う予知夢を見た

ヒゲ脱毛クリニックに通う予知夢を見た

営業職の私がヒゲ脱毛を決意!

ヒゲの脱毛を決意したのは2年ほど前のことです。

 

私は大学生のころからヒゲがかなり濃く、いくら剃っても口の周りが青っぽくなってしまうことに悩んでいました。

 

ヒゲが濃いとどうしても実年齢より年上に見られてしまいますし、清潔感もなくなってしまいますよね。

 

特に気になるのが清潔感です。

 

私は大学を卒業してから営業の仕事に就いたのですが、営業の仕事では清潔感が求められます。

 

もっと業績を伸ばすためにも、この濃いヒゲとおさらばしよう」と決意して、私はヒゲを脱毛することにしたのでした。

 

ヒゲ脱毛の方法はいくつかありますが、私が選んだのは医療レーザー脱毛です。

 

医療レーザー脱毛は効果が強力でヒゲの脱毛に最適だとの情報を見つけて、通いやすい場所にあるクリニックで施術を受けることにしたのでした。

 

私が施術を受けたのは男性専用の脱毛クリニックです。

 

ヒゲ脱毛のチャレンジはカウンセリングから始まりました。

 

カウンセリングで肌の状態や体調を見てもらい、初回の施術の予約を取ったら次はいよいよ初めての施術です。

 

医療レーザー脱毛は結構痛いらしいというウワサを聞いていたので、施術を受ける前は妙に緊張しました。

ヒゲ脱毛にチャレンジして正解でした

クリニックの先生いわく、「ヒゲが生える場所は痛みを感じやすい場所でもある」のだそうです。

 

実際に施術が始まると、その言葉の意味がすぐに理解できました。

 

レーザーを当てられた瞬間に、チクっと痛みが走ったのです。

 

痛みが一回だけなら我慢できますが、施術の間中この痛みを我慢するのは無理だな、と感じました。

 

下手に我慢をすると、次にクリニックに来るのが嫌になってしまうかもしれません。

 

痛みを我慢できそうにありません」と正直にクリニックの先生に伝えたところ、先生はクリーム麻酔の使用を勧めくださいました。

 

クリーム麻酔は、文字どおり皮膚に塗るタイプの麻酔薬です。

 

その効果はまさにテキメンで、クリーム麻酔を塗ってからはウソのようにレーザーの痛みを感じなくなりました。

 

こうした効果の高い薬品を使えるのは、医療クリニックならではですね。

 

クリーム麻酔のおかげで初の脱毛を無事に終えることができ、その後も気楽にクリニックに通えるようになりました。

 

クリニックに通ったのは計一年間。

 

脱毛コースが終わるころにはヒゲが完全に生えなくなっていましたし、施術完了から一年以上経った現在もヒゲは生えていません。

 

ヒゲの脱毛にチャレンジして本当によかったです。

わきの黒ずみの原因は光脱毛!?

光脱毛に通い始めてからなんだかわきが黒ずんでいることに気が付きました。

 

脱毛の効果を確かめるために腕を上げて鏡で見てみたところ、両わきのちょうど脱毛機器を当てたところだけが黒ずみになっていてショックを受けました。

 

人目につきにくい部位ではあるけれどなんとなく不潔な感じで見る度に不快になったので、料金は先払いでしたがこれ以上黒ずむのは嫌だったので脱毛サロンに通うのをやめました。

 

わきの黒ずみを薄くするために顔に美白化粧品をつけて残ったものを脇にすりこんだり、これまた顔用の美白のクレイが配合されたパックを塗ったりしました。

 

また、美白効果のある化粧水をコットンパックにして貼り付けしたり、顔のお手入れ同様のスキンケアをしました。

 

結果はあまり出ませんでしたが、保湿成分で脇の皮膚がしっとりしたのでキメが整ったのか黒ずみ少しだけ薄くなりました。

 

また、下着のこすれもわきの黒ずみを悪化させているのではないかと思い化学繊維の下着をやめ、コットンなどの自然の素材でできた下着に切り替えて肌に対する刺激を少なくする努力をしてみました。

 

これに関しては意味があったのかどうかわかりませんが、わきだけではなく肌のかゆみは軽減しました。

 

もともと肌が弱くて汗をかいた日にかゆくてわきをぼりぼり掻いていたので、そういう行動も黒ずみを悪化させる原因の一つだったのかもしれません。

 

お手入れを続けても相変わらずわきは黒ずんだままですが、根気よく美白化粧品でケアしていきたいと思います。

危機感を覚える細毛を改善しよう!

細毛って言っても、なんとなく実感は薄いもので人に言われて気が付くなんて言う人も多いようです。しかも人に言われると自分で気が付いたときよりも気になってしまうもので、何とか改善したいものでしょう。

 

そんな気になる細毛は気が付いたときから改善をしていけば、しっかりと対策が出来るのです。

 

まずは血流を良くする

 

これは人間の体全体に言えることなのですが、人間の体というのは血がめぐることによって活動し、日々動くことができているのです。もしも血が行き渡らなければ、体の機能は停止してしまうことでしょう。

 

これは髪の毛も同じことで、血が十分に髪の毛にいかなくなってしまうことで、髪が栄養不足状態となって、その結果細毛が進んでしまうのです。
ですので、まずはしっかりと髪に血を送ってあげる必要があります。

 

これには2つの方法があって、1つ目はストレス解消というものです。

 

ストレスを解消することによって、ストレスによって収縮した血管が元通りになるので、しっかりと血が流れていきます。それが細毛を解消してくれます。

 

もう一つの方法というのは、適度に運動するということです。運動によっても血の流れはよくなり、髪だけでは無く全身に血を行き渡らせてくれるのです。

 

さらに運動によるストレス解消効果も期待できるので、一番効果的な方法と言っていいかもしれません。

 

食事でも改善できます

 

細毛というのは、上記のように運動などをするほかにも、日々の食事によって改善するという方法もあります。

 

具体的に何を食べればいいのかというと、主に納豆やレバーというものになるのです。

 

これらはビタミンやタンパク質を多く含んでおり、それらの効果によって新陳代謝が上がり、老廃物も取り除かれやすくなるのです。

 

ちなみに脂身が多いものは血流を悪くしてしまう可能性があるので、避けるようにしましょう。

 

細毛 改善

ヒゲ脱毛との長い闘いについて

ヒゲというのは男性的なシンボルなのですが、いかんせん似合う似合わないの問題がありまして、それというと自分はかなりの青髭でありながら顔が細い感じなのですごく合わないなと思っていました。

 

ヒゲが濃くなったのは大体中学3年生のころでしたが、クラスのみんなからもからかわれていたので少し今でも嫌な感じがします。

 

最初の頃は学生でしたので一本一本ピンセットで抜いていたのですが、痛みなどもありましたし効果のほどはというとあまり実感できるものではありませんでした。

 

幸いあまり良い顔でもなかったため彼女とかは高校時代には無縁なものでしたが、やはり顔のイメージで避けられていたのかもしれないなとは思っていました。

 

さてそんな自分でも大学に合格してバイトなどを初めてみるとやはりお金が溜まってきたので、いっそヒゲ脱毛をサロンやクリニックなどでやってみてもいいんじゃないのかなと思い始めてみました。

 

そこでまずは下調べとして各種脱毛サロンのホームページ上を見てみましたが、なんというか部位で値段が変わってくるのもあり、正直全部の箇所をヒゲ脱毛すると学生的にはかなり厳しいなと思いその時は諦めてしまいました。

 

そして今度は船橋のとある会社に勤める社会人になったのですが、こちらだと金銭的な余裕も相当に出てきたので、まずはあごの部分のヒゲ脱毛をサロンでやってもらうことにしました。

 

回数的には4回ほどで期間がかなりかかるということでしたが、こちらは見えているヒゲにほかにも埋まっている毛があって、それが出てくるサイクルを待たないといけないそうだからです。

 

実際にやってもらったヒゲ脱毛ですが、レーザーでやったため痛みは結構ありましたが、それでも終わったあとのことを考えると我慢だと心に言い聞かせていました。

 

そして半年後に全ての施術が終わって、あごの部分はすっかりと綺麗になりました。

 

朝方に剃る必要がほとんど無くなったのも爽快ですし、あごのラインが綺麗になるだけで顔のイメージがしゃっきりしてきたので、ヒゲ脱毛をやってみてかなり満足しました。

 

ほかの部分もまた頼んでみようかなと今では思っています。

 

船橋 ヒゲ脱毛


ホーム RSS購読 サイトマップ